娘が小学生になりました。

TSD+のにぎやか担当として、時には打ち合わせに同席させて頂き、時には地鎮祭に参加させて頂き、時には現場にお邪魔させて頂き・・・。赤ちゃんの頃からお施主様や工務店さんにたくさんお世話になってる娘。この春ついに一年生になりました。私達も小学生の親一年生。

娘は持ち前のコミュニケーション能力の高さを活かして日々過ごしているようで、今のところ不満も言わず元気に登校してくれています。何ともありがたいことです。一方、親一年生の私はあたふたしっぱなしで、まだまだ新生活に慣れません。毎日無事に帰って来てくれるだけで万々歳!・・・と頭では分かっているつもりでも、つい小言をもらして、娘から煙たがられている毎日です。笑

おおらかに、リラックスして、肩の力を抜いて。にこにこ母さんでいられるように、親一年生頑張ります。(もちろんお仕事も今まで以上に頑張ります。笑)どうか娘にとって、楽しい学校生活となりますように。

【step】新しい住宅が着工します

新しい住宅  step  の工事が始まります。

お施主様ご自身が育って来た慣れ親しんだ敷地。一度は離れていましたが、再びこちらに住まわれることになりました。ご家族の新たなステップの始まり。そして、一歩一歩進むごとに、どのシーンも、好きなもの・好きな雰囲気で溢れるような住宅を目指して、stepと名付けました。

スキップフロアを活用したDEN+デスクスペースや、人気のファミリークローゼットを充実させるなど、”家族みんなでの暮らし方”についてよく考えた住宅です。ウッドショックなど予測不能な困難の中、お施主様と工務店さんにたくさん協力して頂きながらなんとか着工まで進むことが出来ました。

気を引き締めてしっかりと工事監理していきます。またこちらでご報告します!

本年もよろしくお願い致します

2022年になりました。ご挨拶がとても遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

ありがたいことに、図面、模型、現場、プレゼンテーション・・・たくさんのお仕事に囲まれて過ごしていたら、早くも1月が終わりに近づいていました。今年は住宅の設計だけではなく、大きなプロジェクトにもいくつか携わらせてもらっています。

昨年生まれた長男ももうすぐ保育園に入園予定。私もしばらくぶりに時間をかけてお仕事出来るようになるので、これまで以上に良いもの・良いデザインに触れ、クリエイティブな心を磨いていきたいです。

お施主様に喜んで頂けるだけではなく、娘と息子にも「お母さん、かっこいいなあ・・・」と思ってもらえるような、働きかたをしていきたい。大きな大きな目標ですが、今年はこれを掲げてみようと思います。

つくば・おとなりの建築家展12へご来場いただきありがとうございました

つくば・おとなりの建築家展12が無事に終了しました。ご来場頂いた皆さま、会場を貸して下さったstyleshopさん、ありがとうございました。今回初めて私たちのことを知って頂いた方も多いと思うので、改めて自己紹介をさせてください。

私たちTSD+は、夫婦で意匠設計を行い、主人の父が構造設計を行っている、文字通り『アットホーム』な設計事務所です。時には6歳の娘や0歳の息子も打ち合わせに同席させて頂いています。

設計事務所に設計を依頼するって、どういうことなんだろう・・・そう考える方も多くいらっしゃると思います。私たち自身も、日々そのことを考えながら、仕事をしています。

先日とあるお客様から、「メーカーの展示場を回っていると、どこも自社のアピールから始まるのが普通だった。髙橋さんと初めて会ったとき、会話の始まりに、私たちにどんな家で暮らしたいかを聞いてくれた。それで、設計事務所で家作りをしたいと考えるようになった。」と嬉しいお言葉を頂きました。なるほど・・・私たちには特にアピールポイントが無いので笑、お客様からお話を伺い、ただそれを一緒に実現していくことを必死に考えて来ました。結果的に、そういう家づくりをしたいと考えて下さるお施主様と出会うことにつながって来たように思います。

私たちの設計では、奇抜な建物を作りたいわけではありません。オーダーメイドにもこだわりません。必要な時には既製品も上手く活用し、限られた予算の中で最大限に理想の家に近づけるよう、いつもお施主様と一緒に知恵を絞りながら頑張っています。

そんな感じで1つ1つ、手探りで設計している設計事務所なので、とにかくスピーディーな家づくりを第一に求められたりする場合には、向いていないと思います。ただ、丁寧に、家づくりに真摯に向き合うことには自信を持っています。同じような志を持って頂ける方と、ぜひ一緒に、素敵なお家づくりが出来ると嬉しいです。